ふたりのひよこ

ojizo.exblog.jp
ブログトップ

2007年 07月 23日 ( 1 )

元気が一番


土曜日の夜、お風呂あがって寝てしまったことが症状の一つだったのかは

わからないけど、その後40分後に起きて少し遊んで寝たものの、

10分寝ては起きてグズグズ、また少し寝てはグズグズ。

おかしい。と思って夜中に熱をはかっても熱はない。

そんな感じで二人ともほとんど寝ないまま朝になりました。

朝になってみると呼吸がゼイゼイしてる。

朝ごはんも少し食べたし、日曜日でいつもの小児科はお休みだし、

月曜日まで様子をみようと思ったけど、やっぱり気になって休日診療の大学病院へ

行ってきました。

パパは仕事だったので、パパ方のじいじに連れて行ってもらいました。



診察したら、「じゃあ胸のレントゲン撮ってきてください」だって。

レントゲン?!どうやってとるんだろう・・・絶対嫌がって動きまくるし。

いやいやそこは大学病院ですから、ちゃんと設備はありました。

息子は透明な長細い板にネットとベルトでぐるぐる巻きに縛り付けられました。

かわいそうに動くのは指先だけ。

技師の方がやさしい言葉をかけてくれたって息子に聞こえるはずありません。

どれだけ泣きわめいてもしょうがないんです。

病院は得意だったはずの息子も今回ばかりは本当に辛かったらしく

最初から最後まで泣きっぱなしでした。



そして診断結果は『喘息様気管支炎』




レントゲンの次は吸入。

これも体中で拒否。薬なんか全然入っていきません。

鼻水を吸い取られても怒る怒る。

こっちは早く治ってほしいから頑張って欲しいけど、本人は嫌なもの嫌。

まだ0歳児だからね。でもあと1週間で1歳て時にこんな病気にかからなくても・・・。

誕生日までには元気になってほしいです。



その後採血&点滴。

「点滴を入れたらお呼びしますから外でお待ちください」って何で?

いいじゃん一緒にいたって。

外で待ってても、中で泣き叫ぶ息子の声が聞こえる。

ママから引き離されて白い服来た知らない人たちに囲まれて

押さえつけられて針刺されて怖かっただろうな。

呼ばれて入ってみると、鎖に繋がれて檻に入れられた息子がいました。

いや、正確には点滴の管を上からつるされて柵の高いベビーベットに入れられた

息子がいました。

立って柵につかまって泣きわめいてる姿はまさに檻に入れられたサル。

(私ってひどい母親?!)

でもその姿を見たときは切なくなりました。

点滴してるんだからベットで寝てればいいのに、そこは0歳児、そうはいきません。

点滴約1時間半。グズる為ずーっと抱っこ。しかもそのうち寝たのは30分。

夜も寝てないし、昼寝もしてないのに寝なくていいのか?



結局帰って来ても少し寝ただけで、本格的に寝たのは22時半。

でも夜は3回くらい起きただけで結構しっかり寝てくれました。

よく眠れないのは呼吸が苦しいからなんだって。

そう思うとかわいそうでかわいそうで・・・

しゃべれない分、私が早く気づいてあげないといけないけど難しい。



きのうあんまりおもちゃで遊べなかったからか、

今日は朝から遊びまくりの歩きまくりです。

安静にしててほしいんですけどね。




今日は写真を撮らなかったから、数日前の写真。
d0097067_12152628.jpg



熱もないし元気は元気なんだよね。

イタズラも全開だし。

でも早く良くなってほしい・・・
[PR]
by ryu_w729 | 2007-07-23 12:16 | 子育て