ふたりのひよこ

ojizo.exblog.jp
ブログトップ

去年の今日


息子の誕生日が近づくにつれて、

一年前は何してたかな、何を考えてたかなって思うようになりました。

今日朝ごはんを食べながら「去年の今日はまさか一年後に息子と納豆ごはんを

食べてるなんて夢にも思わなかったよなぁ・・・」とか。



去年の今日、7/28に陣痛が始まりました。
それは朝の6時。
実家に帰っていた私は、ここぞとばかりにグータラ生活。
いつもは起こされるまで起きない私がお腹の異変に気付きました。
生理痛のような痛み。また前駆陣痛か?と思いながら寝ようとするとまた痛む。
え?!まさか・・・
予定日は明日の7/29。
時間を計ってみると既に7分間隔。でも痛みは『なんとなく痛いかも』くらいだったので
やっぱり前駆?と思って何度も何度も計って気付けば7時半。
私は逆子の経膣分娩だったので、担当の先生から
陣痛が起きたら何分間隔でもすぐ病院にくるように!と言われていました。
とりあえず、シャワー浴びて朝ごはん食べて診察時間が始まってから
病院に電話をしたら、やっぱり入院の準備をして来て下さいと言われました。
痛いって程痛くないのに、これから始まるのか~と思うとちょっと緊張。
病院まで母と一緒に父に送ってもらって、受付を済ませると
超VIP待遇。予約の人たちをすっとばしてすぐに呼ばれました。
診察結果は子宮口2センチくらい。
頭位の分娩ならそのまま帰されたと思います。でもまだ2センチとはいえ逆子だけに
先生も入院させるか迷ってたけど、なにかあったときの事を考えると
先生も私も入院したほうがいいと判断し、そのまま入院しました。
会社を早退して帰ってきたパパも、お見舞いに来てくれた従姉も
私があまりにも普通に動いてしゃべってる姿に『余裕だね~』なんてビックリしてました。
その後余裕の余の字もなくなるっていうのに。
初めての入院一日目は子宮口も開かず、陣痛も強くならずに静かに過ぎていきました。
でもやっぱり緊張していたようで、夜は3時間くらいしか眠れませんでした。
だけど3時間眠れたことによって、そこで陣痛が一度おさまったことになり、
分娩所要時間は目の覚めた時間からカウントされるそうです。

出産日の事はまた後日・・・。




d0097067_21311154.jpg

一年後にこんなに大きくなってるなんて想像もつかなかった。

また一年後には想像もつかないほど大きくなってるんだろうな。

ちなみに暑すぎて外で遊べないので部屋の中でビニールプールに入り

涼しくなったフリをしてもらいました。
[PR]
by ryu_w729 | 2007-07-28 22:09 | 子育て